京都のリンパマッサージエステ | ナチュラルサロン葉美 > 葉美のこだわり > 化学物質の脅威

化学物質の脅威

防腐剤などの化学物質がなぜお肌に悪いのか!?


↑クリック

ブログのテーマ【脱化学物質】のところにたくさん記載しています(*^-^*)

是非ご覧ください☆


【無添加】がなぜよいのか!?

そのお話をしていきます(*^-^*)


ノンシリコンシャンプー、流行っていますね!

では、なぜシリコンが悪いと言われているのか知っていますか?


シリコンは、、とても吸着力が強く、車のトップコートに使われるほどです。

とにかく吸着力が強いので、手をしっかり洗っても残ってしまいます。

シリコンは化粧品やハンドクリームにも入っており、

料理にも入り込んでいると言われています。


しかし、絶対に落ちないわけではありません。

しばらく吸着した後、髪のキューティクルやまだ新しいお肌の角質を剥がして、

一緒に落ちていきます。

そうなると、髪は細くなり、お肌は荒れてしまいますが、さらに上から新しいシリコンでコーティングすることにより、

見た目は美しいままなのです。


私が一番こわいと思っている化学物質は、合成界面活性剤です。

私の知人の子供が肌が弱く、身体にアトピーが出ていました。

夏になり、半袖のTシャツを着たとき、Tシャツを着ている部分だけが真っ赤でした。

洗濯洗剤を無添加のものに変えたら、スッと良くなりました。

洗剤には合成界面活性剤がたっぷりと入っています。

洗浄力が強いので、洗剤に使われます。

合成界面活性剤には、お肌の組織を壊す働きがあります。


この合成界面活性剤ですが、女性が普段使っているお化粧品にも入っています。

お肌の組織を壊すという性質を利用して、あえてお肌を壊し、有効成分を入れ込むのです。

最後にシリコンで蓋をして、完成です。


しかし、日々壊れていくお肌・・・

そのお肌を良くするには、さらに強いものが必要になります。

年齢が上がるにつれて、使っているお化粧品では物足りなくなり、もっともっと、と感じたことはありませんか?

本来、年齢によってお化粧品を変える必要はないのです。


お風呂上がりにお肌がつっぱることはありませんか?

混合肌だと感じたことはありませんか?


それはお肌がお化粧品によって壊されているからです。

化学物質の入ったお化粧品や、強いオイルクレンジングが原因です。


お肌が正常に働けば、シワ、乾燥、ニキビ、吹き出物、アトピーまでもが改善へと向かいます。



毎日頑張っているお肌へのお手入れが、お肌を壊しているかもしれません。

だから余計にお手入れを頑張る・・・

そんな悪循環に陥ってはいませんか?


お肌は本来、自然治癒力があります。

それを壊すお手入れはNG!!


オーガニック・自然派のすごさはご存じですか?


植物には壊れてしまったお肌を治す働きがあります。

お肌の本来の力が戻った時、お風呂あがりの素肌が変わりますよ♪